前へ
次へ

敏感とアレルギーの美容の違い

美容皮膚科にて疑問があれば、伝えることにしています。
例えば、敏感肌だと長年思ってきたのに、実際にはアレルギー肌だった、こうした女性もいらっしゃいます。
美容皮膚科では、医師監修のドクターズコスメや基礎化粧品が提供されていますが、アレルギー専用であったり、敏感肌専用であるなどの違いもあります。
アレルギーは、特定の成分に対してのみ、かぶれ・赤み・腫れなどの皮膚の炎症を起こすものです。
美容皮膚科医いわく、化粧品のアレルギーはあまり多発していないようです。
一方、敏感肌はバリア機能の低下により、あらゆる刺激に敏感になっています。
アレルギー成分と違い、肌そのものが敏感であるのが特徴で、どんな成分も刺激になってしまう可能性があります。
ちなみに、低刺激の化粧品を使ったらかえって肌が弱くなった、そうした声も耳にします。
もちろん、美容皮膚科でもそうした肌の弱さを相談する女性が少なくないようですが、肌は化粧品に甘えることはないそうです。
低刺激を謳うドクターズ化粧品もありますが、アレルギー反応を起こす可能性のある成分を極力配合しないように作っているからで、甘やかしとは違います。
使ったからといって弱まることはありません。
使えるのは、あくまでアレルギーを起こしやすい肌の女性ですが、アレルギーではなくとも、季節の変わり目や体調の変化によって一時的に敏感な肌に傾いているのであれば、使ってもいいでしょう。
また、『洗わない洗顔』というように、ぬるま湯で顔をゆすぐだけの方法も話題で、敏感肌におすすめされています。
エステティシャンや皮膚科医の中にも愛好者がたくさんいらっしゃいます。
本当に洗わないのではなく、ぬるま湯で顔をゆすぐだけ、というのが正しい内容です。
このとき、毛穴を軽く揉み出すようにすることで、毛穴の汚れもスッキリ取れます。
肌がもともと持っている潤いを損なわない方法で、いわば、究極の洗顔法ではないでしょうか。
敏感肌には向いていますが、皮脂分泌が盛んとなるニキビ肌、オイリー肌ならば、やはり洗顔料を使ったほうがいいでしょう。

アンビジョンがサロンにリピーターを確保するサポート

nicobelt

セルフ脱毛なら定額制セルフエステサロン「Beautiful Monstar」新宿・銀座
リーズナブルだから通いやすい!
ムダ毛にお悩みなら当サロンにお越しください。

メンズ脱毛 難波

男性の毛の悩み根本から解決

Page Top